共通テストの英語で東進模試よりも高得点をGetしよう

共通テストの英語で、東進の模試を上回る高得点を目指している方は多いですよね。

 

模試の成績よりも、本番での成功も重要です。

 

もし、東進の模試で成績が十分に取れなかった人も高得点を狙える心構えがあれば知りたいですよね?

 

この記事では、共通テスト英語で高得点を獲得するための秘訣を解説します。

 

具体的な学習方法やポイントを詳しく説明し、あなたの英語スコアアップに貢献します。

 

なお、この心構えを実践に落とし込んで成績向上を狙いたい方、より詳しく知りたい方は「鍛錬場」にお問い合わせください。

 

鍛錬場では、オンライン指導を通じてサポートいたします。

 

是非とも下記をクリックして、お問い合わせ下さいませ。

鍛錬場の紹介ページはこちらから

共通テスト英語ワンポイントアドバイス

この時期、共通テスト対策として取り組んでいることはなんですか?

 

  • 長文読解問題?
  • 共通テスト過去問?
  • 共通テスト用予想問題?

 

何が正解でしょうか?

 

過去問?

 

この時期に過去問や予想問題に取り組むのは間違いです。

 

特に現役生に多いのです。

 

なぜこの時期に過去問に取り組むのか?理解に苦しみます。

 

予想問題?

 

予想問題も同様です。

 

この時期に問題演習して、どんなベネフィットを得られるというのでしょうか?

 

身につけるための物理的な時間が無い

 

問題演習をすれば、絶対にそれを復習せねばなりません。

 

復習完了とは

 

「その問題を見ただけで、解答解説を見なくても、解答解説がすらすらと出来る」

 

という状態になることを意味します。

 

そのためには、必ず物理的な時間が絶対に必要になります。

 

そんな時間、直前のこの時期の、いったいどこにあるのでしょうか?

 

多くの受験生が

 

「やりっぱなし、解きっぱなしのままで、過去問演習・予想問題演習をしている」

 

これが現状です。

 

今やるべきことは?

 

では、直前期の今、やるべきことはなんでしょうか?

 

英単語・英熟語・英語構文・語法等々の最終確認

 

まさにこれです。

 

最終確認の繰り返しです。

 

これこそが直前期の今、なすべきことです。

 

決して問題演習ではありません。

 

直前期の問題演習は自己満足に過ぎない

 

このことを肝に銘じておきましょう。

 

ひたすら、アウトプットできるか否かの確認作業。

 

これが直前期に求められることなのです。

 

鍛錬場で頑張ろう!

 
鍛錬場では、このような幅広いコーチングサービスを提供しています。

ぜひ以下にアクセスして下さい。

鍛錬場の紹介ページはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です