共通テストで数学の点数が不安な方向けに塾講師が解説(東進模試を失敗した方へ)

共通テストの数学で、東進の模試を上回る高得点を目指している方は多いですよね。

 

模試の成績よりも、本番での成功も重要です。

 

もし、東進の模試で成績が十分に取れなかった人も高得点を狙える「ウラ技」があれば知りたいですよね?

 

この記事では、共通テスト数学で高得点を獲得するための秘訣を解説します。

 

具体的な学習方法やポイントを詳しく説明し、あなたの数学スコアアップに貢献します。

 

なお、このワザを実践に落とし込んで成績向上を狙いたい方、より詳しく知りたい方は「鍛錬場」にお問い合わせください。

 

鍛錬場では、オンライン指導を通じてサポートいたします。

 

是非とも下記をクリックして、お問い合わせ下さいませ。

鍛錬場の紹介ページはこちらから

共通テストの数学で東進模試よりも高得点をGet

 

今回もたけちゃん先生のXからの引用です。

 

1/6公式をうまく使う

「1/6 公式」を「丸暗記」するだけでは殆ど使い物になりませんが、「使い所のツボ」をきちんと押さえていれば、これほど便利なものはありません。

今回の使い方も定番ですが、なかなか使えない人も多いようです。

たけちゃん先生の𝕏(Twitter) ⇒
https://x.com/takechan1414213/status/1744941045669065164?s=20

というわけで、以下のように使われています。

これはなかなかすごい方法です。

 

是非とも身につけたいものですね。

 

 

放物線上の3点三角形面積公式

 

つぎにこんな応用もありました。
 


 これらは本当に使えます。

 

2004年東大数学第一問にも応用できるかも知れません。

時間管理と試験戦略

 

共通テスト数学では時間管理が重要です。

 

効率的な時間配分

 

各問題にかけるべき時間の目安と、時間配分のコツを考えましょう。

 

試験当日の戦略

試験当日における具体的な戦略を紹介します。

 

どの問題から解くべきか、どのように時間を使うべきかなどです。

鍛錬場で頑張ろう!

鍛錬場では、このような幅広いコーチングサービスを提供しています。

ぜひ以下にアクセスして下さい。

鍛錬場の紹介ページはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です