小論文では「私は~と考える」と書いてはいけない

「私は〜と考える」という表現、小論文で頻繁に使われますね。

 

一見すると、自己の意見を明確にする便利なツールのようです。

 

ですが、本当にこの表現が効果的なのでしょうか。

 

実は、この表現には大きな落とし穴があります。

 

それは「当たり前すぎる表現で、意味をなさない」ということです。

 

この記事では、なぜこのような表現が小論文で避けられるべきなのか、その理由を詳しく解説します。

 

読み進めることで、小論文をもっと説得力のあるものにするための、具体的な方法を学べるでしょう。

 

こうした内容を実践に落とし込んで成績向上を狙いたい方、より詳しく知りたい方は「鍛錬場」にお問い合わせください。

 

鍛錬場では、オンライン指導を通じてサポートいたします。

 

是非とも下記をクリックして、お問い合わせ下さいませ。

鍛錬場の紹介ページはこちらから

 

「私は〜と考える」が不適切な理由

 

小論文はあなたの考えを問うものです。

 

そのため、「私は〜と考える」という表現は不要で、文字数の無駄です。

 

直接、力強く主張を伝える方が、読み手にクリアな印象を与えます。

 

 

無駄な文字を減らす

「私は〜と考える」は余計な前置きです。

 

小論文では限られた文字数を活かすことが重要です。

 

直接主張を述べることで、内容が濃くなります。

 

論理的構成が明確に

主張を直接述べることで、文章の論理的な流れが明確になります。

 

それにより、読み手はあなたの考えを理解しやすくなります。

 

説得力のある文章に

「私は〜と考える」を使わず、直接主張することで、言葉に自信と説得力が生まれます。

 

読み手は、はっきりした主張に惹かれます。

 

 

効果的な小論文の書き方

具体的に小論文をどう書けば良いのでしょうか。

 

ここでは、説得力のある小論文を書くためのポイントを紹介します。

 

明確な主張を持つ

最初に、自分の主張を明確にします。

 

何について書くのか、どう考えているのかを明確にし、それを文章の中心にします。

 

具体例を用いる

自分の主張を支えるため、具体例やデータを用います。

 

これにより、主張が現実的で説得力を持ちます。

 

簡潔かつ明瞭な言葉を選ぶ

読み手が理解しやすいよう、簡潔で明瞭な言葉を選びます。

 

無駄な言葉は省き、重点を絞って書きます。

 

論理的な流れを作る

主張に対する説明や例を論理的に配置します。

 

読み手が自然にあなたの考えに共感できるよう、段階的に説明します。

 

まとめ

 

小論文で「私は〜と考える」という表現は避け、より直接的で説得力のある文章を目指します。

 

明確な主張、具体例の使用、簡潔で明瞭な言葉選び、論理的な構成を心がけることで、影響力のある小論文が書けるようになります。

 

 

鍛錬場で頑張ろう!

鍛錬場では、このような幅広いコーチングサービスを提供しています。

ぜひ以下にアクセスして下さい。

鍛錬場の紹介ページはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です