小論文の結びで差をつける!「まとめ」ではなく「発展的な提案」を書くコツ

大学受験の小論文では、多くの生徒が最終段落の「まとめ」でつまずきます。

 

特に、自身の主張と異なる意見を最後に書いてしまうケースがよくあります。

 

しかし、小論文の結びは、ただまとめるだけではなく、より建設的な視点を提供する場でもあります。

 

この記事では、最終段落を力強く締めくくる方法として、「今後の発展のための建設的な意見」の書き方に焦点を当てます。

 

これを読むことで、自分の意見をしっかりと主張しつつ、未来を見据えた提案ができるようになります。

 

こうした内容を実践に落とし込んで成績向上を狙いたい方、より詳しく知りたい方は「鍛錬場」にお問い合わせください。

 

鍛錬場では、オンライン指導を通じてサポートいたします。

 

是非とも下記をクリックして、お問い合わせ下さいませ。

鍛錬場の紹介ページはこちらから

多くの受験生が小論文の最終段落で苦労しています。

 

ただ単に議論を「まとめる」のではなく、「発展的な建設的な提案」を書くことで、読み手に強い印象を残しましょう。

 

この記事では、そんな結びの段落を効果的に書くためのポイントを具体的に解説します。

 

これを読めば、あなたの小論文は一段と深みを増し、評価者の目に留まること間違いなしです。

 

最終段落の重要性:印象を決定づける一文

 

最終段落は、小論文全体の印象を左右する重要な部分です。

 

ここでの内容は、評価者が持ち帰る最後の印象になるため、非常に重要です。

 

ただ「まとめる」のではなく、読み手に何かを考えさせる「発展的な提案」を盛り込むことで、小論文の価値は大きく変わります。

 

「まとめ」から「提案」へ:視点の転換

小論文の結びで、ただ過去の議論を繰り返すのではなく、未来に向けた提案をすることが重要です。

 

ここでの「提案」は、議論の内容を更に深めるものであり、読み手に新たな視点や考えを提供するものであるべきです。

 

 

提案の具体性:具体的な提案が印象に残る

具体的な提案をすることで、読み手に強い印象を残します。

 

抽象的な言葉を使うのではなく、実際にどのような行動や考えが必要かを具体的に示しましょう。

 

発展的な提案を書くためのステップ

発展的な提案を書くためには、以下のステップが効果的です。

 

1. 議論の総括

まずは、これまでの議論を簡潔に総括します。

 

しかし、これは単なる「まとめ」に留まらず、提案につなげるための布石となるべきです。

 

2. 未来への展望

次に、議論から導き出せる未来の展望を提示します。

ここで「もし、この提案が実現したらどうなるか」という視点を持つことが重要です。

 

3. 具体的な提案

最後に、具体的な提案を述べます。

この提案は、議論の内容と未来の展望に基づいた実現可能なものであるべきです。

結びの段落を最大限活用するために

 

最終段落を書く際は、これまでの議論を深め、読み手の記憶に残るような内容にすることが重要です。

 

以下のポイントに注意して、影響力のある結びを書きましょう。

 

 

明確な提案をする

あいまいな表現を避け、明確な提案を心がけます。

 

具体的な行動や変化を促す言葉を選ぶことが、記憶に残る文を書くコツです。

 

 

読み手を動かす言葉を使う

読み手の感情に訴え、行動を促す言葉を選びます。

 

感動や行動を引き起こすような、強い言葉を使うことで、小論文の印象を強めることができます。

 

 

締めの言葉を工夫する

結びの言葉は、小論文全体の印象を決定づけるものです。

 

インパクトのある言葉やフレーズを選び、力強いメッセージを伝えましょう。

 

鍛錬場で頑張ろう!

鍛錬場では、このような幅広いコーチングサービスを提供しています。

ぜひ以下にアクセスして下さい。

鍛錬場の紹介ページはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です