東大入試・慶應入試の小論文過去問から学ぶこと

医学部や東大といったトップクラスの大学を目指す皆さんにとって、小論文は大きな挑戦の一つです。

 

特に、過去に出題された問題を解析し、その傾向を掴むことは、効果的な対策を立てる上で非常に重要です。

 

しかし、どの過去問をどのように活用すればいいのか、迷われることもあるでしょう。

 

この記事では、そんな受験生のために、医学部や東大の入試で実際に出題された小論文の過去問を厳選して紹介します。

 

これらの過去問を通じて、出題の傾向と対策のポイントを掴み、合格への道を切り開くための手助けとなることでしょう。

 

これを実践に落とし込んで成績向上を狙いたい方々、いらっしゃいますよね?

 

そのような方々は、是非とも「鍛錬場」にお問い合わせ下さいね。

 

鍛錬場では、オンライン指導を通じてサポートいたします。

 

是非とも下記をクリックして、お問い合わせ下さいませ。

鍛錬場の紹介ページはこちらから

原発問題が小論文に出題されたら…

 

出題される学部にもよりますが、基本的には再稼働を認める方針で書くべきでしょう。

 

なぜなら、それが経済的にも最も説得力があるからです。

 

既存設備を放置することは極めて不経済です。

 

 

安全性は?

安全性が争点になることは間違いないでしょう。

 

しかしながら、リスクのない技術恩恵は存在しないのです。

 

 

現代社会はリスクとの共存である

この考え方は極めて重視されるべきなのです。

 

従いまして、小論文でも「安全性」と「経済性」を考慮した内容とすべきなのです。

 

もちろん「自作自演」は許されませんが…。

 

 

 

慶應義塾大学経済学部 2013年小論文問題B

 

かつて慶應義塾大学経済学部にて次のような出題がなされました。

 

原発に関する日経と朝日の社説を読ませ、自分の意見を書かせる。

 

これに対する解答例は、以下です。

解答例

原発再稼働は、厳しい安全基準を満たすことが前提であるべきだ。

 

この理由は、まず経済的観点から見て重要である。

 

原発は、化石燃料に依存せず、大量の電力を安定して供給する能力を持っている。

 

これにより、エネルギーコストの削減と供給の安定化が実現可能である。

 

また、環境保護の面からも原発の重要性は高い。

 

原発は、温室効果ガスの排出が非常に少ないため、気候変動対策において重要な役割を果たす。

 

しかし、福島第一原子力発電所の事故により、原発の安全性に対する懸念が高まっているのも事実である。

 

そのため、再稼働にあたっては、徹底した安全対策と厳格な基準の遵守が求められる。

 

結論として、原発の再稼働は、国民の安全を最優先にし、環境への配慮と経済効率を考慮した上で、進められるべきである。

 

それは経済効果をもたらすからだ。

 

安全基準の徹底した適用と常に進化する技術の活用により、原発は、重要なエネルギー源としての役割を果たすのだ。

 

 

 

鍛錬場で頑張ろう!

 
鍛錬場では、このような幅広いコーチングサービスを提供しています。

ぜひ以下にアクセスして下さい。

鍛錬場の紹介ページはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です