よくある御質問 学校課題が多い中で鍛錬場課題は出来ますか?

生徒が提出するもの

必須は以下の3点と報告書です。

(1)
学校の授業および宿題(課題)で扱ったテキスト範囲と、自分が授業中および宿題(課題)に取り組む際に書いたノートを撮影して添付送信
または
学校の授業および宿題(課題)以外に自分で学習したテキスト範囲と、自分が取り組む際に書いたノートを撮影して添付送信

(2)
(1)の中で重要と思われるところをカード化し、その表裏を撮影して添付送信 ( 作成カード枚数等は別途指示 )

(3)
「カード」「学校授業や宿題(課題)でのテキストやノートまたはそれ以外に学習したもの」を「音読確認」し、それを録音した音声ファイルを添付送信すること ( 確認すべきカード枚数等は別途指示 )


上記(1)(2)(3)に関する報告を、指定したフォーマットに従って、日々の「学習報告書」として、毎日26:00(午前2:00)までに必ずメール送信

テスト結果や質問、学習相談等に関しては、その都度、承ります。

 

メインはあくまでも学校課題

わが『鍛錬場』の最大の特徴として上記があります。

『鍛錬場』の方から課題を出すことはほとんどなく 、学校課題をメインにして、鍛錬場がそれをフォローする形です。
『鍛錬場』がその都度、それをもとにして個別動画添削指導(c)を行うのです。
(英語初期は例外で別途必要テキスト有り)

 

「それだけで大丈夫なんですか?」

「それだけで大丈夫なんですか?」等々の質問もございます。
ごもっともな質問です。
しかし学校課題をやらずに他のことをするのは効率的でしょうか?
却って生徒の負担を増やすことになるでしょう。
昔の人は言いました。
「二兎を追うものは一兎をも得ず」
「船頭多くして、船、山に登る」
全くその通りですね。
先人の叡智には感服ざるを得ないでは有りませんか。

実際の結果として、多くの生徒が自分の第一志望大学に、学校課題を100%こなすだけで、きちんと合格するのです。

学校授業課題を大学入試に結びつける

これが『鍛錬場』の信念です。
お一人おひとり、オーダーメイドです。
その都度「何を」「どうするか」の指示を出させて頂いております。

無料体験について

引き続き、無料体験の意義についてお読み下さい。
恐れ入りますが、ここをクリックして下さい。

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。