医学部・慶應の小論文「明確な理解」が必要

小論文の書き方は「完璧に」理解しないといけません

 

「なんとなく分かった」「大体分かった」という姿勢は極めて危険なのです。

以下、「大体分かった」の危険性について、詳しく述べますよ。

 

「大体分かった」と思う危険性: 知識の盲点とその克服です。

 

 

鍛錬場では、オンライン指導を通じてサポートいたします。

 

是非とも下記をクリックして、お問い合わせ下さいませ。

鍛錬場の紹介ページはこちらから

 

初めに…

「大体分かった」と一言で片付けることが、知識やスキルの習得において最も危険な行為であると言えます。

この態度が成長や緊急時の対応能力を妨げる可能性があるのです。

 

〇 具体例1: 医療現場のミス

想像してみてください。

あなたが医師で、新しい手術手法の勉強をしています。

その手法について「大体分かった」と感じたとしましょう。

実際の手術でその半端な知識が影響すると、患者の命を危険にさらす可能性があります。

 

〇 具体例2: 自動車の運転

自動車学校で教わる基本的なルールや操作方法について「大体分かった」と適当に考えてしまうと、交通事故を引き起こす可能性が高くなります。

一瞬の油断や知識の欠如が大きな悲劇を生むことがあります。

 

〇 具体例3: ビジネスでの決断

ビジネスの場でも、市場調査や新製品の研究において「大体分かった」と過信すると、大きな失敗を招く可能性があります。

競合他社が出してくる細かい差別化に対応できず、市場での失敗が避けられなくなるかもしれません。

 

※ なぜ「大体分かった」は危険なのか?

1. 知識の盲点

大体分かった」と思うことで、まだ知らない事柄に対する好奇心や探究心が減退します。

 

2. 過信

自分が何を知らないのかさえ分からなくなるため、無意識のうちに過信してしまいます。

3. スキルの停滞

知識やスキルの習得が中途半端になり、成長が停滞します。

※ 対策: 知識とスキルの確認と修正

1. 自己評価

定期的に自分の知識やスキルを確認することが重要です。

2. フィードバック

他人からの評価やアドバイスを求めることで、自分の知識の盲点に気付くことができます。

3. 継続的学習

一度「分かった」と思っても、その後も継続的に学び、知識やスキルをアップデートする必要があります。

※ 結論

「大体分かった」という危険な思考は、多くの場面で重大な影響をもたらす可能性があります。

この態度を改め、常に自分自身を高める努力をすることが、知識やスキルの確実な習得へとつながります。


 
…とまぁ、一般論に拡張して話しました。

つまり受験のこの時期に植え付けらる習性は、社会人になっても大きく響く、ということなんです。
 
もちろん、入試にも大きく影響するんですよ‼️

 

鍛錬場で頑張ろう!

鍛錬場では、このような幅広いコーチングサービスを提供しています。

ぜひ以下にアクセスして下さい。

鍛錬場の紹介ページはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です