医学部・東大・一橋への合格受験生は、きちんと睡眠をとる

ご存知ですか?眠ることも仕事の一つです。

 

たとえ受験生といえど、やはり眠らなければいけません。

 

でも眠れないときもありますよね?!

 

深呼吸をしてリラックス。部屋の明るさや温度を調整、快適な環境を作ります。

 

スマホの使用は避けて静かな音楽を楽しむことで、自然と眠気が訪れることがあります。

鍛錬場では、オンライン指導を通じてサポートいたします。

 

是非とも下記をクリックして、お問い合わせ下さいませ。

鍛錬場の紹介ページはこちらから

 

序論:眠れないときの対処法

眠れない夜は誰にでもありますが、その対処法は一人一人異なる場合があります。以下は、眠れないときに試してみる価値のあるいくつかの方法です。

環境を整える

  1. 明るさの調整: 部屋が明るすぎると、体が眠りにつきにくいです。暗くして、目を休ませましょう。
  2. 温度の調整: 寒すぎる、または暑すぎる環境は快眠を妨げます。適温を保つようにしましょう。

リラクゼーション

  1. 深呼吸: 深呼吸をすることで、心拍数が落ち着き、リラックスできます。
  2. 瞑想: 瞑想を行うことで、心地よい眠りに導かれることがあります。

食事と飲み物

    1. カフェインの制限: コーヒー、紅茶、炭酸飲料など、カフェインを含む飲み物は避けましょう。
    2. ハーブティー: カモミールやラベンダーのハーブティーは、リラックス効果があります。

テクノロジーの制限

  1. スマホやPCの使用を避ける: ブルーライトはメラトニンの分泌を妨げ、眠りを遠ざけます。
  2. アナログな活動: 読書や絵を描くなど、スクリーンを使わない活動がおすすめです。

運動と体調

  1. 適度な運動: 運動は体を疲れさせ、眠りを促しますが、寝る直前の激しい運動は避けましょう。
  2. 体調を整える: 頭痛や胃痛など、体調不良は眠りを妨げます。必要なら医師の診断を受けましょう。

眠りのリズム

    1. 一定の就寝時間: 毎日同じ時間に寝ることで、体内時計が整い、自然と眠りやすくなります。
    2. 短い昼寝: 長時間の昼寝は夜の眠りを妨げる可能性があります。15~20分程度に抑えましょう。

まとめ

眠れないときには、環境調整、リラクゼーション、食事と飲み物の工夫、テクノロジーの制限、運動と体調の管理、そして眠りのリズムを意識することが重要です。

 

これらの方法を組み合わせて試してみて、自分に合った対処法を見つけましょう。

 

鍛錬場で頑張ろう!

 
鍛錬場では、このような幅広いコーチングサービスを提供しています。

ぜひ以下にアクセスして下さい。


 
鍛錬場の紹介ページはこちら
から

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です