東大合格のためのセルフチェック方法

私は「カード学習」を、強く推奨している。

以下のような方法で「カード学習」を実行し続けた生徒は、100%確実に成績を上げている。

 

月水金ボックス 火木土ボックス 日曜ボックス っていうのを作って、毎日毎日、学習内容をまとめたカードをそこに入れる。

その一方、その曜日にその箱からカードを全部出してチェックし、OKなら「日曜日ボックス」へ、だめならもとの箱に戻す。

(OK基準は「九九レベル」で即答できるものとする)

平日はそれを繰り返し、日曜日に「日曜ボックス」内のカードを再チェック。

そこでOKになったら、そのカードはもう片付ける。

(捨てるのはもったいないので、どこか別のところに保管)

だめな場合、また「月水金ボックス」「火木土ボックス」に戻す。

(だからカード作成時に必ず日付と曜日を書き込んでおく)

それの繰り返し。

情報カードだと高いので、画用紙を切ってカードを作る。

画用紙

↑    

この画用紙だと、ほぼB4サイズと同じなので、8等分できる。

10枚入りだから80枚170円 1日10枚ずつ作れば8日で170円、1ヶ月で510円。  

ノートとか不要紙とかを再利用するのもも良いけれども、この価格なら画用紙を使うのもアリかなぁ、って思う。  

カードっぽいし、使い勝手が良さそう。

生徒さんからの情報。 100円ショップのダイソーでは110円で22枚の画用紙があった。

(ただしB5サイズくらいなので4等分)

これだと22×4=88枚。

1日11枚で8日だから、1ヶ月で264円。

ダイソーで見つけられれば、ぜひどうぞ。

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です