東大合格10大原則 ① 音読とセルフレクチャー

 

音読について

音読というと、とにかく読みまくる、って考える人が多い。

しかしそれは「勉強」としては好ましくない。

例えば英語長文を音読するとしよう。

まずは3行くらいで「キリの良いところ」までを音読する。

そしてそれを数回繰り返し、おもむろに目をつむる。

そして、その「3行」を目をつむった状態できちんと言えるかどうか、確認する。

言えなければ、再び目を開けて、しっかりと読み込んでおぼえる。

そしてまた目をつむって、言えるかどうかを確認するのだ。

そのようにして、目をつむった状態で言うことが出来たとする。

そうしたら、次に、その「3行」における「文法・読解等、学習上のポイント」を言ってみる。

その際、授業中ノートや解説ページ等の該当箇所を見ながら音読する。

そして、数回、それを音読したら、やはりおもむろに目をつむる。

そして、何も見ない状態にする。

そのうえでその「3行」における「文法・読解等、学習上のポイント」

これが言えるかどうか、徹底的に確認するのだ。

こうして「3行」を学習するのである。

「何も見ないで3行の英文が言えた」

「何も見ないで3行の文法・読解等、学習上のポイントが言えた」

この2点を確認できたとする。

そうしたら、次の「3行」に進むのだ。

そうしてその「3行」で、同じことを行うのである。

そうやって、どんどん進めていくのである。

~~~~~~~~~~

この「3行」ブロック、4つ目か5つ目くらいになると、

最初の「3行」については、もう忘れているかもしれない。

特に「単に英文を憶えているか?」と問われれば、

既に忘れてしまっているかも知れない。

しかし、それはそれで良いのである。

もちろん、憶えているにこしたことはないが、

忘れてしまっても、まぁ、良しとすべきなのだ。

というのも、この「何も見ずに言ってみる」という勉強のも目的は、

「完全に暗誦できるようになること」ではないからなのだ。

人間の脳は、ひとたび「おぼえた♫」という瞬間を作ると、

「思い出す」可能性が出来るのだ。

しかし、この「おぼえた♫」という瞬間を築いていかないと、

「思い出す」ことすら出来ないのである。

だから、たとえ忘れてしまっても、あまり気にしないで、

「おぼえた♫」という瞬間瞬間を、少しずつ積み上げてゆくことで、

きちんと「思い出すための土台」を作り上げることになるのである。

~~~~~~~~~~

受験生諸君、ぜひともこの「3行ブロック記憶確認法」を、実行すべし。

そうすれば、必ずや良い成果を得られるであろう。

~~~~~~~~~~

なお、これはなにも英語に限った話ではない。

社会科や国語はもちろんであるが、

理科や数学にこそ、この方法は効果的なのだ。

具体的なやり方については、また機会を見つけて話したい。

~~~~~~~~~~

これが10大原則①「音読とセルフレクチャー」である。

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です