トマトが効く?受験勉強の効率アップにオススメ!ポモドーロテクニック!

寒さが本格的に身に染みる時期になってきています。大学受験を間近にしている高校生たちの体調が気になります。軽く風邪などひいてはいないでしょうか?ここからの時期は余裕のある時間など、ほぼ皆無となります。焦ってしまい、勉強の効率が悪いと気になっている方も多く、今回はオンライン塾の鍛錬場が受験勉強におすすめのワザ「ポモドーロテクニック」について紹介します。

キッチンタイマーから生まれた時間管理術「ポモドーロテクニック」

ポモドーロとはイタリア語でトマトを意味する言葉です。健康には食すると良いですが、点数アップができるという食材ではありません。これはトマトの形をしたキッチンタイマーを用いて優れた時間管理をしていたビジネスマンの仕事スタイルから生まれたので、ポモドーロテクニックと呼ばれています。時間を管理する勉強法に少し、違った効果を加えることが出来ます。

 

長時間より短時間集中に着目した「ポモドーロテクニック」

ポモドーロテクニックは、いろいろな作業や工程を25分区切りで一つとする制限時間を設けることが特徴です。ばくぜんと長い時間が与えられるより、短時間で制限がある方が集中する状況に入りやすいという多くの人の共通点にマッチしています。

 

このテクニックを生み出した方は、キッチンタイマーで行う作業に制限時間を設けて、タイムアップとならないように集中して仕事をこなしていました。長い時間を続けるより、短時間の枠で集中することを心掛けた方が作業の質は高くなります。

 

小刻みに休憩することも嬉しい

気持ちの切り替えや短期集中に重点を置いているので、ポモドーロテクニックでは25分に1回の休憩時間があります。4セット続けた後は、長時間の休憩をいれることもOKです。まさしく学校や職場のランチタイムなどに合わせて設定すると、無理なくこなすサイクルで実行できます。

 

ずっと長時間こなすことを意識すると、だるだるの行動になりやすいですが、休憩を入れつつ短時間の集中を繰り返す方がメリットは高いです。

 

受験勉強にも「ポモドーロテクニック」はおすすめ

大学受験では制限時間内に、多くの問題を解きこなさないとダメなのは高校生であれば周知の事実です。大問ひとつあたり20分~30分あたりで解くことを体で感覚を身につけておかないとダメです。そのため、普段からポモドーロテクニックを活用した学習をしておいた方が自然に本番でも実行しやすいです。

 

勉強が身に入らないという高校生も少なくないですが、とりあえず25分を心掛けることで、勉強の入口としても理想的です。1セット25分を勉強してみて、行けそうだったら次のセットに行くというサイクルで少しずつ増やしていけばよいです。

 

受験勉強も適量を丁寧に

今回はオンライン塾というスタイルで、多くの高校生を指導する鍛錬場が勉強するテクニックの一つ「ポモドーロテクニック」を紹介しました。大学受験を目前にした高校生からすると、勉強しなくては!という気持ちが逆に焦りを生むことがあります。

 

鍛錬場では、質よく適量をこなす勉強というものを繰り返し提唱しています。模試続きで結果が振るわないと焦りがちですが、こういう時こそ「ポモドーロテクニック」を活用して丁寧に学習してみてください。

 

受験生の勉強が良いものになるよう、鍛錬場でも精いっぱいサポートを続けています。

 

 

代表講師
柳田成徳(なりのり)
LINEでは「N
 


友達申請して下さった方全員に
3,000人が100%成績を伸ばした
※ 教科別勉強法 ※
プレゼント❢❢

他にも・・・
「受験勉強に関すること」
「定期テスト攻略法」
「ヤル気を出す方法」
・・・etc、何でも御相談OKです。


お友達申請はこちら
お待ちしております♫
 


 

 

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です