指導者として考える「駅伝での流血アクシデント」

2018年10月21日に行われたプリンセス駅伝でのワンシーン、おそらく誰もが目や耳を疑ったことと思います。2区を走っていた岩谷産業の飯田怜選手が、第2中継所手前から走れなくなり、それでもタスキを渡そうと四つん這いなって200m前進し、タスキをつないだことです。この光景はすごくショッキングと言えるもので、いまも物議をかもしています。責任者としての鍛錬場の柳田としては、いい顔ができません。

 

 

何が何でもという思いを称賛する声は多い

かく言う私も、飯田選手の体から発する「たすきをつなぎたい!」という行動に、ただ涙が止まりませんでした。コースそばで観戦していた人たちの誰もが、テレビのインタビューに涙ながら「感動した!」という言葉で返しています。小さな子供たちでも、印象的であったことと「私だったらやめていた。」という返事をしていました。

 

着目すべき点は、「やめる」という選択肢に対する向き合い方だったのではないでしょうか?

 

いまも道路わきにのこる血痕!命や体を削って・・・

手や膝が目に見えて重度の擦り傷で、血だらけの状態がテレビからでも見える状況でした。岩谷産業に入ったばかりの若い選手の決意や決断は、おそらく疲労骨折をしたとかんがえられる足をかばい、路面で肉を削りながらの前進でした。

 

実業団の駅伝メインであるクイーンズ駅伝のためとは言え、なぜ止めるという選択肢がなかったのでしょうか?実際の多くのチーム監督から、「私だったら止めていた!」というコメントが出ています。

 

実際に選手のいる岩谷産業の監督は止めるという指示を出したが、タイムリーな連絡が出来ずに審判に伝わったのは、飯田選手がゴール手前20Mの時と報道されており、審判も選手の思いもくみ取って、進ませたということになっています。

 

このプリンセス駅伝での疑念は他にも。。。

この日の問題点は流血事件以外にも、この駅伝では起きました。脱水症状をおこしながらふらふら走り、最終的にはストップとなった光景も。

 

運営側として、若い世代を守る大人として、たとえ選手に恨まれても、もっとも守るべき未来や命を守るという信念で行動する必要があるのではないでしょうか?

 

大学受験という大事なステージで、高校生の勉強サポートという大事な役目を鍛錬場はになっています。そのため確実にこなせる力、リスクを回避できる状況になるまでは、しつこいほど、自己流や根拠のない判断には厳しい姿勢をとることもあります。基礎的な勉強を身につけるまで辛く、不平を述べる生徒はいるかもしれません。

 

それでも、ここを乗り切ってくれれば、大舞台で自分を見失うことなく、結果を出せる状態にまで進んでいく生徒たちばかりです。臨んだ先へ進むために、努力する方法を教えてください!そんな熱意をもつ高校生やご家庭を鍛錬場では待っています。

 

 

代表講師
柳田成徳(なりのり)
LINEでは「N
 


友達申請して下さった方全員に
3,000人が100%成績を伸ばした
※ 教科別勉強法 ※
プレゼント❢❢

他にも・・・
「受験勉強に関すること」
「定期テスト攻略法」
「ヤル気を出す方法」
・・・etc、何でも御相談OKです。


お友達申請はこちら
お待ちしております♫
 


 

 

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です