いまからでも間に合う?大学受験まで効率よく勉強する方法

毎年、東京大学・一橋大学をはじめ多くの高校生が志望する合格を勝ち取ってきた。

偏差値40クラスの高校生も、その合格者の中にはいた。その高校生たちが合格したのは勉強したからだ。

まず最初のハードルであるセンター試験を乗り越えるために、効率よく勉強する方法について述べる。

間に合うかどうかは、まずは努力してからの話だ。

高校3年生の心が弱くなる時期

・成績や偏差値が思ったほど伸びない

・みんなが凄く頭よく見えて、点数が高くなっている

・一生懸命勉強しているはずなのに

こういうセリフを耳にすることはないだろうか?問題を解いても解いても、楽にはなれなくて苦しい時期がいまだ。私は一橋大学を受験し合格したが、本当に苦しんだ。きっかけは中学で興味をもったことを学べる大学こそ、一橋大学だった。周りにも宣言し、引き下がれなくて努力を続けた。途中、勉強した内容が頭に入らない。

頑張っても頑張っても偏差値が見えてこない日々もあった。だが、いまはこうして、ある程度のアドバイスを高校生・浪人生に指導できるまでになった。だから、苦しんでいる学生たちの気持ちはわかる。だからこそ繰り返し言うのだ。

「丁寧に勉強しなさい」と

効率よく受験勉強するポイント①勉強時間の設定 いうまでもなく勉強は量でも質でもない。時間だ。

そして質よく行うという大前提がある。

例えば

Aくんは1日3時間勉強して10問に
Bくんは1日6時間勉強して10問に
C くんは1日6時間勉強して20問に

取り組んだとする。

この場合、最も実力がつくのはBくんだ。
つまりそれだけ「丁寧に」取り組むからだ。

これは、自動車の営業を考えれば、より明確に理解できよう。

Aくんは1日3時間で10件の訪問
Bくんは1日6時間で10件の訪問
C くんは1日6時間で20件の訪問とする。

契約率が高くなるのがBくんであることは明白だろう。訪問し、商談にじっくり時間をかけてこそ、契約に結びつけられるからだ・

量より質だ、と考える受験生はAくんのタイプに
質より量だ、と考える受験生はC くんのタイプにそれぞれ陥りやすい。

要注意である。しいていうなら、C くんの行動をやろうとして結果的にAくんの行動にも至らないD くんがいたら、もっとも危険だ。

おちついて、いまするべきことをしよう。

効率よく受験勉強するポイント②書くという工程を減らし読む学習を増やす

これは高校生に対して、私が何度も何度も言い続けていることだが。読むという勉強方法こそ、効率よくメリットが多いものはない。

意外に書いて勉強するという方法は、時間を要するものだ。

受験生は書くという勉強に時間を費やすことを疑わない。もちろん悪いことではないが、残り時間を逆算して間に合うか自信が持てないのであれば、読むこと、それも音読を繰り返す方が断然良い。

一度学んだことがある教科書であれば、読んで、わからない言葉を調べる勉強でも1~2 カ月あれば基礎を一通り終えることも難しいことではない。

いまから、これまで力を入れなかった学習に踏み切ったとして、現実的に考えることが出来る状況ではないだろうか。

効率よく受験勉強するポイント③参考書コレクターにならない

これからの時期に、あるあるケースは参考書や問題集コレクターが増えることだ。

隣の芝生は青く見える現象で、まわりの友人が使っているものが非常によく見えてしまう上での結果だ。

確かに、過去問や薄手の問題集などを薦めることはある。

しかし、それでも3冊問題集をこなすことよりも、1冊の問題集を三回やって、理解をパーフェクトにもっていくことの方が断然、力は身につくのだ。

どうしても、何か新しいものを購入するのであれば、過去問や、何か特定の単元だけを強化するものであれば無難と言える。

いまから新しく始めるという学習は、ぶれぶれで挫折する可能性が高い。

丁寧に一問ずつ過去問や模試の問題をわかるまで磨き上げる勉強を高校生に望む。今回は大学受験のプロ・鍛錬場の柳田が受験勉強のポイントについて述べた。

夜長で静かな秋は、勉強以外に迷いが進む時期なのかもしれない。しかし、高校生・浪人生の大学受験をする者はみな、条件は同じなのだ。

丁寧に丁寧に、いまの勉強をつづけてもらいたい。鍛錬場はいつでも相談・問い合わせを 受け付ける。

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です