魔法のような指導?合格には縁遠い受験勉強

大学受験の勉強というと、とてつもなく目新しいもの、斬新な方法を望む高校生・保護者が多い。私にも子供がいるので、そう思いたくなる時は珍しくない。しかし東京大学や一橋大学しかり、関西の大阪大学・京都大学といった高校生の勉強に大差はない。ただ丁寧に一問一問を確実にマスターするに限る。基本的には「粛々とすすめる丁寧な勉強」以外に、実力を伸ばす方法など絶対にないといえる。今回は、大学受験に向けて大事な考え方を高校生に述べる。

 

魔法を教えてくださいといわれている気になる

大学受験の直前対策という言葉が、大手予備校・高校の補習・対策カリキュラムで目立つ時期に来た。それだけ高校生が取り組むことは増えるし、週末ごとに何らかの模擬試験があることは珍しくない。それだけ時間に余裕がなくなってきている。そのため、少し冷静さを失いつつある高校生の勉強を目にする。

仮に英語長文を読む際に、構成を探るためにSVなどを記入しなさいという指示を出すと、「時間がないので、短時間で出来る読解方法を教えてほしい」とリクエストが来る。数学にしても、計算ミスを防ぐための見直しや、その他指示を出しているにも関わらず「時間がないので、簡単にできる方法がありませんか」のようなリターンが返ってくる。基本を行わないまま、難関な問題や大学受験の問題を解きこなすことは不可能に近い。まるで「魔法を教えてほしい。」と言われている気になってしまう。

幸いなことに注意を促し、説明すると理解して反省してくれる高校生たちばかりだから、鍛錬場の指導は未だ機能しているが、理想的な状態ではない。

ミスしている・わからない部分を提示しない質問は無意味

先日、鍛錬場でコツコツ勉強してくれている数名に注意をした。正直言って、心苦しいが、大学受験という目的で鍛錬場に励んでもらっている以上、いま叱ることの方が、受験に失敗して泣かれるより百倍良いといえるだろう。

 

解答・解説の見直しをおろそかにし、指示していたマークをしない勉強は、教わるもの・教えるもの、両サイドからしてもメリットはない。さらに、問題がどのように「わからない」か考えて具体的に質問できる部分を、すべて「わからない」という質問が来た。その高校生の力量では問題なくこなせるレベルであるのに。。。

恥ずかしさか、プライド、それに類似した感情で「わからない」ことと向き合わない勉強をしていると同じミスを繰り返す。

じっくり調べて・じっくり解答や解説を音読する・頭の中で考えながら解いてみる・反芻してみる、ここまでやると「わからない」が少しずつ変化してくる。その状態で理解に至ると、同系統の問題であれば解答に困ることがない力量が身につく。そういう流れを繰り返すからこそ、真に強い学力が身につく。これこそ理想的な大学受験の勉強ではないだろうか。

 

鍛錬場では、ここ数年東大・京大・一橋といった有名大学・国立大学の合格者がいる。その高校生たちが行った勉強こそ、この丁寧で粛々と取り組むシンプルな学習だ。魔法のようなことは教えられないが、長年の指導経験からだせるノウハウで、君たち高校生の学んだことを効果的にする方法なら指導はできる。頑張って志望大学に合格したい高校生諸君、ネットで受験勉強に興味があれば問い合わせを待っている。

 

===============
    
LINEでの交流をいたしましょう~♫
名前は・・・「N」です。

LINEで友達申請して下さった方全員に
3,000人が100%成績を伸ばした
※ 教科別勉強法 ※
を、希望に応じてお伝えします❢❢

 

他にも・・・
「受験勉強に関すること」
「定期テスト攻略法」
「ヤル気を出す方法」
・・・etc、何でも御相談OKです。

お友達申請はこちらから❢

https://line.me/ti/p/CxI0cySZoF

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です