保護者様もご注意!危険なゲーム的思考

いよいよ9月に突入し、大学受験を迎える高校生には逃げ場のない勝負が近づいてきた。この時期は焦りからか、普通に考えても?と思えるような勉強に取りつかれる受験生が多い、残り少ない状況での新学期において大学受験をする高校生は何を考えるべきなのか。大学受験に強い高校生専門のネット塾・鍛錬場として考え方について述べる。注意すべきは現実ではありえないゲーム的思考と言える。

 

マジ?〇〇したら□□点アップ

塾として指導をしていると、高校生たちにゲームになぞらえて説明することが多い。ゲームでならば瀕死の状態であっても、薬や回復の呪文で即座に復活することはあり得る。さらにMPなどを向上させるアイテムや薬で、頭をよくすることも可能だ。しかし、現実ではどうだろうか?あり得ないのだ。仮に強い蘇生薬みたいなものがあっても、瀕死の体に投与すると心臓が耐え切れずショックするだろう。頭に良いとされる食品やサプリはあるが、健やかな生活をサポートするものがメインだ。実際とゲームは非なるもの。

 

だから〇〇するだけで、点数が□□アップすることをうたう問題集やサービスにおいては、疑問の気持ちをもつことを高校生諸君にオススメしたい。あくまでも補助として役に立つものだが、効果は高校生それぞれで、一律で〇点アップは無茶と言える。要は、どう勉強したか・向き合ったか・練習したかであることを忘れてはならない。

 

焦りの気持ちで求めるチェンジはチャンスにならない

GとCを入れ替えるだけで、changeからchanceの綴りは作ることが出来る。そのため、チェンジとチャンスは紙一重という例えで励ましに用いられることが多い。しかし焦りに駆られているとのチェンジは、いま一度考えてほしい。いま取り組んでいる勉強方法や問題集を中途でやめて、新しい問題集に取り組むといったことだ。

 

そのチェンジの理由が明確であり、理にかなったものであるならば問題はない。しかし、何の根拠もなく焦りによるものだとしたら、定着しかけているものを一つ放り出すことになるかもしれない。

 

鍛錬場の指導はシンプルかつ実用的

高校生指導に特化している鍛錬場であるから、時には保護者様からの教育相談も多い。そこで鍛錬場の柳田が答えることは、ただ一つ。日々の勉強を着実にすることだ。どれだけ良いサービスや道具をそろえても、環境を変えても継続しないことには身につくものはない。鍛錬場の学習指導は、日々の勉強を指示し支えるものである。

大学受験も後半戦。高校3年生の諸君には、継続ありきの努力を期待する。

 

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です