小論文にも通じるスマホ論争の考え方

先日ニュースにも、子供たちのネット使用が問題視される記事が掲載された。スマホやタブレットが普及化し、使用する年齢層も低年齢化している。そしてネット中毒が引き起こすデメリットが連日メディアでも取りざたされることが珍しくない。しかし、考えてもらいたい。ネット利用やスマホ・タブレットは害ある道具なのだろうか?自信をもってイエスとは言いにくいだろう。特に、高校生にとっては、使い方によっては時短にも役立つ情報ツールなのである。ここで高校生指導の専門ネット塾・鍛錬場として、スマホ利用に関する考え方を数点紹介する。あくまでも大事なのは考えるポイントなのだ。

 

スマホの使い方指導

メディアで報道されているスマホ・タブレット使用の大半は、オンラインゲームや動画視聴によるものである。睡眠をけずって、この二つの利用に特化し、冷静な判断や健康を害してメンタル面にまで悪影響を及ぼすことが問題になっている。勉強面の利用でスマホやタブレットを使用している子ならどうなのだろうか?

一部の学校では低学力の子たちの対処法としてタブレット学習を促し、大手で有名な受験関連の学習アプリを授業として導入している高校も少なくないのだ。そういう勉強やメリットある使用方法についても我々は目を向ける必要がある。娯楽的になスマホ・タブレット以外にも正しい使い方の指導が急務なのではないだろうか?やみくもに禁止しても効果は薄いだろう・

 

ある塾の取り組み「徹底したスマホによる情報集め」

鍛錬場とも親交がある北陸の塾で、高校生指導にスマホを活用している塾がある。LINEを活用してホウレンソウ(報告・連絡・相談)を必修化し、社会に出ても不可欠なコミュニケーション力を育成している。大学見学などの課外活動にも力を入れて、そのたびに生徒主体となって自主プランを作成させる。そのときに欠かせないツールがスマホなのだ。徹底して情報収集を行い、スマホで連絡を取り合い、教室以外でもオンラインで打ち合わせをする。そういう目的ならば、保護者も反対することはなく、全面協力してくれると該当塾の塾長は述べている。

正しく使い方、リスク回避のための情報収集、経済的な問題のためのディスカッション、、、その中心にスマホがあっても誰も問題視しないだろう。

 

小論文指導を大学受験生に対して、鍛錬場でも添削指導を行うが、大事なポイントはテーマに対しても論点を正しく定めることだ。このスマホに対する論争も、この論点に着目すべきだろう。

 

鍛錬場の指導でも大きな役割を果たすスマホ

鍛錬場でもスマホ利用に対する制限が厳しくなると、多少なりとも影響はある。なぜなら大学受験対策に例年、多くの高校生指導で結果を出す鍛錬場でもスマホは必要なツールだからだ。生徒たちの課題提出・質問対応・進路相談、そのいずれにもスマホが大きくかつやくしていることは間違いない。

多くの学生たちのスマホ利用が問題となるのは、使い方を正しく把握していないことも珍しくない。娯楽以外にも役立つアプリや情報の集め方は、非常に多い。その方法を教えてこそ、メリットになるし、社会に役立つ人材育成にも貢献できると鍛錬場は考える。大学受験や高校生活での転機を考える高校生諸君、よければ今回のブログを参考に考えてみてほしい。

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です