臓器移植問題はiPS細胞つまり「再生医療」によって転換される【小論文】

臓器移植問題は医療系だけでなく、文系各学部にも出題される

実際、慶應義塾大学法学部でも、過去に臓器移植についての小論文問題が出題されている。

2003年 慶應義塾大学法学部 小論文

法学部はもちろん、その経済効果から経済学部・商学部、そして倫理的問題から文学部にも出題されることが多いのだ。
その点から考えても、是非とも「臓器移植」に関する基礎知識は、養っておかねばならないだろう。

2012年、京都大学の山中教授がiPS細胞でノーベル生理学・医学賞を受賞して以来、臓器移植問題の風向きが大きく変わったと言っても過言ではない。
再生医療が今後の臓器移植問題を大きく変えていくだろう。

是非、以下の動画を御覧下さい。

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です