ドカ食いよりも適量で大学合格!それが鍛錬場スタイル

前回は「完全ライ〇ップ方式」の動画添削指導について、ブログ紹介した。「ダイエットネタなんて、N先生、路線変更?」と思われた方もいるかもしれない。確かに、私も体をビルドアップして大きなバーベルを、、、という脱線ではなく、ダイエットネタは確かに思い切ったネタだった。しかし、ダイエットという英単語の意味は、「減量」ではなく、食品や食事行為そのものを指す。勉強で情報を取り入れるということと、栄養を体に取り入れるということを照らし合わせると、私が考える勉強というものは非常にしっくりくる。今回は、勉強の適量について紹介する。

前回の完全ライ〇ップ方式ブログはこちらを参照

点数にコミットする鍛錬場メソッド!あのダイエット法との共通点

突然ですが問題です「バランスよい勉強とは?」

高校生やこのブログを読んでいる方なら、鍛錬場の主・柳田は学校課題のこなし方を改善することで東大受験生を数多く合格させてきたことをご存じだろう。じっさいに10数年連続で東大に合格者が途切れたことはない。もちろん、それは教え子で会った高校生たちの努力のたまものである。その高校生たちの勉強量は、たしかに誇れるべきものではあった。しかし、じっさいのところ、バランスよく質の良い勉強を出来たということが、東大やその他国立大学を合格した高校生の要因として大きい。高校生諸君は、「バランスよい勉強とは?」と問われたら、何を連想するだろうか?

私が考えるバランスの良い勉強とは、多くもなく少なくもなく、ただ適量を毎日こなし、毎日情報を取り入れて成長の糧となる勉強だ。まさに、食事と同じように考えられる。

健やかな成績・学力の秘訣は「適量」ドカ食いNG

以前から紹介していることであるが、東大や一橋大学、京都大学、そして高校生たちの住む地元国立大学に合格する鍛錬場の卒業生は多い。しかし、涙をのむ結果を迎える高校生もいる。一番みていてつらいのは、「受験生の悲劇」ともいうべき、効率が悪い勉強をして心身ボロボロの状態まで努力した勉強が報われなかった時である。

受験生の悲劇についてはコチラも参考に

真面目な受験生の悲劇 ベスト10 キミは果たして大丈夫なのか?!

だから私は、いかに高校生の負担を抑え、効率よく、そして志望する大学に合格させることができるのか模索してきた。その集大成ともいえるスタイルが、現在の動画添削指導である。動画添削指導は、毎日の学校課題で重要な部分を、少しずつ、本番で生かせるように動画で指導していく方法だ。極端な話、毎日ひとつの教科につき、一問ずつ確実にこなして勉強していくだけも、十分な効果が期待できる。

一番お勧めしない勉強が、不規則でドカ食いに近いものになる。普段は課題提出が少なく、テスト時期に慌てて膨大な量を一気に送ってくる場合だ。私もプロの端くれ、分析・解説して添削指導は可能だが。その高校生は、それで学力は身につくのか不安だ。

考えてみてほしい、普段は全く食事をしない、何かのイベント前に慌ててドカ盛のごはんやおかずを平らげようとする。。。まず無理だろう。

どんな食生活が理想か?大学受験の勉強も同じ

高校生の大学受験は、学校課題のこなし方、学んだことの吸収を意識すれば十分に結果は出せる。この高校生専門のネット塾・鍛錬場で大学受験の合格が可能であることが、その証拠だ。特にバランスよく全教科で点数を取る必要がある国立大希望者、もちろん数学や小論文などの特定教科を磨き上げたい高校生にも点数・成績アップさせる自信はある。

あとは食事をするように勉強に集中してほしい。食事は毎日決まった時間・決まった量を無理しない個人に合わせて摂取することで、健康的で笑顔あふれる毎日が過ごせる。鍛錬場や日常の勉強も同じだ、テストや試験前に詰め込むような勉強ではなく、決まったペースで決まった量を確実に身につける勉強こそ、高校生には求められる。勉強をするためには、正しい食事をするような考えが役にたつ。高校生諸君や保護者様が、受験勉強に迷ったときは「完全ライ〇ップ方式」の鍛錬場が、いつでも協力したい。

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です