いじめは本能であり、厳然として存在する。だから理性が試される。小論文

いじめは本能であり、厳然として存在する

いじめはあってはならないものなのですが、生物としての競争本能の一種である「優位性の確認」という意識の現れでもあります。

従って、完全にその存在を無くすことは絶対に不可能です。

しかしだからこそ、人間が人間たるゆえんである「理性」を発揮し、実際に行動を起こさぬようにせねばなりません。

小論文の課題として知っておくべき内容です。

以下の動画を御覧下さい。

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です