テスト前にわかる良い勉強とは?

私、柳田が大学受験に特化した高校生専用のネット塾・鍛錬場で多くの東大生や一ツ橋、京都大学など国立大学や有名難関大学の合格を出せているのは経験があるからに他ならない。もちろん新米の講師として高校生を教えていた時期が私にもある。ビクビクしながら数学や英語、国語など指導を続けたから今のスタイルに繋がっている。小さな塾から大きな予備校の教室まで、本当に多くの現場で高校生の勉強に関わってきた。そのため伸びる生徒・伸びない生徒の境界線というものがテスト時期の行動でわかるようになってきた。高校生諸君、それはどこにあるのだろうか?今回は、勉強というもののつなげ方について紹介する。

 

塾や自学、家庭教師など勉強スタイルはバリエーションが多い

いまの時代は勉強というスタイルが以前とは様変わりした。CMで目にすることが多い大手塾や予備校以外にも個人経営の塾が点在するようになって、また家庭教師やネット学習の勉強サービスというものまである。当鍛錬場も、ネットを活用して動画添削指導を行っているのでネット塾というジャンルに入る。とくにネットを活用したスタイルによって家庭でも質の高い勉強をすることが出来るし、地方の塾であっても都会のプロ講師に指導を依頼することまでできる。つまり高校生が大学受験を選ぶ際に、どういう形でも勉強するかという選択肢が非常に多いということだ。それぞれに合う形で、身になるものであるならば私は、どれが一番優れているということはないと思う。それこそ、ひとそれぞれだ。

 

 

え?時間の使い方がポイント!テスト前に見受けられる残念な〇〇

高校生の様子を見ていると、いまの勉強で伸びそうな子か否かはテスト前の様子が重要になる。たとえば通塾している子でもったいない子の場合を挙げる。テスト時期になると塾に来ないというケースが、残念だと私は言いたい。なぜテスト前なのに、お金を払っている習いに来ているはずの塾に来ないのか?それは塾の勉強と、普段の勉強が連動していないことにあるだろう。テスト前に塾の勉強をしている場合ではないという考えに繋がっている。点数や成績を上げて志望大学に合格するという流れを考えると、成績に影響するテスト前に塾を休む選択肢があることが、すっきりできない。

 

点数を上げて志望校レベルに到達させる勉強方法

塾に通っている高校生の例を挙げたが、他の勉強方法でも同じことだ。普段の勉強と、受験の勉強の方向性が同じであることが望ましい。学校の課題で本当に重要になるポイントを余すことなく吸収し、模試や入試でも得点できる勉強こそ理想的である。教科書や学校課題の効率よい学習のサポートになるような塾や勉強サービスの活用こそ、高校生に求められていると私は自信をもって述べる。そうなると学校のテスト前に頼られる塾や勉強サービスこそ必要なのではないか?

 

東大や京大でも通用する!鍛錬場が動画添削指導にこだわる理由

教科書をしっかり理解することは大学受験でも必須である。東大を受験しようとする高校生であれば、「東大新聞」というメディアを耳にしたことがあるだろう。現役の東大生が編集する新聞として、受験漫画「ドラゴン桜」にも登場している。東大を志望する高校生への勉強アドバイスなども掲載され、教科書を理解することが重要と幾度となく述べられている。教科書を熟読し、土台を固めてこそ、真の点数アップや受験対策が可能になる。だからこそ通常の勉強と受験勉強は連動させる方がよいのだ。私、柳田が動画添削指導にこだわるポイントは通常の勉強で見落としをなくしてもらうことに尽きる。普段の勉強で要点を逃さず、忘れず、学習を積み重ねていけば、目指す高みにはきっとたどり着ける。そういう思いを込めて、高校生の大学受験を支えてきたし、結果は出せている。勉強の仕方や環境をあらためて考えてもらいたい。

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です