大学入試改革で文科省が考えるのは、小論文・面接・自由英作文である

小論文指導者、いでよ❢

まずは自己紹介

私、柳田成徳は小論文講師です。
もう20年以上も小論文指導をしています。

東京の某塾での冬期講習・・・
私の授業を200人以上が受講します。
もちろん、その塾で最多です。

2016年は鍛錬場生が慶應に100%合格

ご存知のように慶應文系は小論文必須です。

小論文指導にはコツがある

こうしたキャリアの中であることに気づきました。

生徒達の書く小論文答案に一定の法則があったのです。
その法則を見抜いて指摘する・・・・
それだけで小論文添削指導は、ある程度出来てしまうのです。

これは大袈裟でも何でもありません。

そのコツを学生スタッフに伝えました。
彼らは添削スタッフとして大活躍です。

すぐに来る2020年

あと2年です。
あと2年で大学入試改革です。

文科省の考え

文科省が意識している大学は・・・

  • ハーバード大
  • オックスフォード大
  • スタンフォード大

こうした英米の大学です。

これらの大学の入試の特徴は・・・

  • 面接
  • 小論文
  • ディスカッション

・・・等々の「発信力」を問うものです。

こうした発信力を問う入試・・・・
日本では今までありませんでした。

そこで文科省は
改革をすることにしたんです。

現場の対応

では私達はどうするか。。。

もちろん
小論文受験に対応せねばなりません。

Z会?
生徒の自主性に疑問です。

動画授業?
最重要な「添削」が
ありません。

外注?
高くつきます。

 

実は・・・
最もコスパが良い方法は
自分が指導者になる
ということなのです。

いったん、指導者になれば、
その技術を永遠に使うことが出来ます。

マニュアル式小論文指導

しかし小論文の指導って・・・
なんだか難しそう。。。。
自分には
出来ないんじゃないか?

そう思われる方も多いでしょう。

でも大丈夫❢

日本語がわかれば
指導できます。

上記のように
一定の法則がある
のです。

そこに注目した
マニュアル
を作成しました。

それで指導者に
なれるのです❢

小論文指導者になろう❢

小論文指導者になることで
2020年度の改革に対応できます。

でもそれだけではありません。

実は2019年・2020年の入試にも
その威力は発揮できます。

  • 英語と小論文で慶應SFC対策ができる。
  • 高校入試の小論文対策も強化できる。

上記2つの利点を
活かさない手はありませんね❢

実はコスパ最高❢❢

小論文鍛錬場は1コース42万円。

高いですか?
いやいや、実は安いんです。

小論文指導者になれば、
生徒1人1ヶ月1万円で指導できます。

1年で12万円
4人いれば6万円の黒字です。

2年目からは、すべて粗利になりますよ❢❢

これって最強のコスパだと思います❢

さぁ、問い合わせてみましょう

小論文鍛錬場
指導者になりたい皆様からの
お問い合わせをお待ちしております❢❢

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です