授業無料当然の今、塾でお金をかけるポイントは、どこにあるのか?

スタディ・サプリ学びエイド

大手であるリクルート社が配信している「受験サプリ(今はスタディ・サプリ)」は有名なので、御存知の方は多いでしょう。

この「スタディ・サプリ」は、小学生・中学生・高校生(大学受験生)のための講座が揃っています。

他にも「学びエイド」っていうのもあり、ここは大学受験がメインです。

やはり基本的な教科は全て揃っています。

 

スタディ・サプリは月額980円。

学びエイドは基本無料❢(プレミアムで月額833円)

 

スタディ・サプリは先生が13人。

学びエイドは先生が67人

まぁ要するに今は、無料で多くの先生から授業を選んで受講できる時代なんです。

他にも多くあるICT教育

これ以外にもですねぇ。。。。実は山のように、ネット ( ICT ) で授業を受講できてしまうんです❢

以下、ICT教育ニュースより、引用です。

 

2017年9月22日スタディプラス、「ICT教育(Edtech)サービス提供事業者マップ」を作成

スタディプラスは21日、「ICT教育(Edtech)サービス提供事業者マップ」を作成し公表した。0922-spEdtechの市場機会・サービス分類を明らかにするために作成したという。今後、定期的に本マップを更新して行く予定。サービスを提供している事業者で、マップへの抜け漏れの指摘や訂正、また、各社・サービスのロゴを使用しているが、問題のある場合には速やかに削除等対応するので連絡して欲しいとしている。

・・・・す、すごっ❢❢

もちろん、上記の中には学びエイドのように無料のところもあれば、スタディ・サプリよりも高額なところもあります。

YouTubeでも見放題❢❢❢

さらに言えば・・・・YouTube で、ちょいと検索すると、いくらでも現れるんです❢

(もちろん、基本的に無料❢)

例えば、数学Bの漸化式について学びたいと思ったとします。

・・・で、検索すると・・・このように出てくるんです。

いやもう、見放題ですね❢

さてさて、このように一般的な授業は本当に無料でいくらでも見れてしまうのです。

確かに質は玉石混交ではございますが、意外にもきちんとした内容が多いんです。

わざわざ高いお金を払って集団指導塾に行く必要は無い

では、いよいよ(やっと?)本題です。

このような現代においてお金を払って学校外で勉強するポイントってなんでしょうか?

[1] 強制力

子ども達は未熟ですから、自律出来ないことが多いのです。

よってまず第一に強制力、すなわち週に何度か数時間、決まった時間に出かけることで、強制的に勉強できるのです。

[2] 演習の場

[1]とも被りますが、やはり自分から演習することが難しい状況です。

よって演習をするための場、と割り切ることも出来るでしょう。

つまりアウトプットの場、とすることです。

[3] 個別添削・個別指導

これが、最も重要かつ意味のあるところでしょう。

インプットは無料でもアウトプットおよび、その確認としての個別添削指導が有償なのです。

我田引水になりますが、私はこの [3] に特化しているのです。

逆にインプットは上記無料講座の中から厳選して、御紹介しています。

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です