東大に入った伊藤くんの「たったひとつの勉強法」は、これなんです

東大に入った伊藤くんが使ったただひとつの勉強法は、これなんです

 

かつて高2生の夏の段階で、偏差値が40もない、伊藤くん(仮名)がいました。

彼は「なんとしても東大に行きたいんです」と私に言いました。

私は彼に言いました。

「ホワイトボードを購入して、自宅でその日の学校の授業を自分で再現し続けなさい」

「そのとき、何も書かれていないテキストだけを見て、ノートも何も見ないでやりなさい」

まさにこれこそが、究極のの学習、すなわちセルフ・レクチャーなのです。

(ちなみに伊藤くんは1年半後、見事に東大に合格しました)

脳を動かす4つのキー

勉強っていうのはを動かします。

このというエンジンを動かすためには、クルマのキーが必要になります。

(今のクルマは、ボタンになっているみたいですが。。。)

を動かすための身体のキーは、実は4つあるのです。

そのキーとは

[1] 眼

[2] 耳

[3] 口

[4] 手

[1] について

人は、何かを見ることで、学習しようとします。

 

[2] について

人は、何かを聴くことで、学習しようとします。

[3] について

人は、口を動かすことで、学習しようとします。

 

[4] について

人は、何かを書くことで、学習しようとします。

生まれてからすぐ使うものは?

この4つの中で最も幼い頃から続けているものはどれでしょうか?

そうです、[3] 口 ですね。

生まれてすぐにオギャーを出し、1歳までに毎日を出し続けます。

これは本能的に生きるためには学ばねばならないとわかっている行動なんですよね。

そして、その学びの本質は声であると、これも本能的にわかっていることなんです。

普段、皆さんは塾や学校で授業を受けますね。

これは[1]と「2]すなわちがメインです。
 
からは、常に情報が飛び込んできます。
ですから、よほど集中しないとは能動的には動いてくれません。
(だから「授業中に言ったのに、なんで憶えていないだ❢」って先生が怒っちゃうんですね)
授業を受けるだけでは、実力にならない。
だから自宅でノートまとめをしたり、問題をノートに解くわけです。
つまりこれが[4]すなわちの勉強になるわけですね。
は、自分の意思で動かすので、が能動的に動きます。
これが大事な点ですね❢

口(くち)の役割

・・・ん?[3]のは?

は使わなくても良いのでしょうか?

実際、中学生以上の子どもは、勉強しているときにを出すことが、あまりありません。

せいぜい、英語の勉強で、蚊の鳴くような声をボソボソと出す程度です。

さて実は、まさにこの点こそが今回の重要ポイントなのです。

皆さん、算数の九九は小学2年生で学習します。

その際、どうやって憶えたか、おぼえていますか?

個人差はあるでしょうが、おそらく「ににんがし、にさんがろく、にしが・・・」という具合に、大きな声で何回も繰り返して憶えたのだと思います。

(少なくとも私の周囲で「紙にひたすら書いて憶えた」という人は一人もいません)

皆さん、カラオケに行かれますか?

好きな歌の歌詞、もちろん憶えていますよね❢

それも決して憶えることは苦痛ではありませんでしたよね❢

その歌詞、いったいどうやって憶えたのですか?

声を出して何回も繰り返して歌って憶えたのではないですか?

(少なくとも私の周囲で「歌詞カードをコピーして、それを紙にひたすら書いて憶えた」という人は一人もいません)

赤ちゃんは、大人達が話すことを声を出して何回も繰り返して真似て憶えます。

「バブー❢」って言いながら、紙に書いて憶えようとする赤ちゃんは、いません。

声を出して何回も繰り返して真似て憶えようとすることは人間の本能なのです。

受験勉強になると、どうして黙々と紙に書いて憶えようとするのでしょうね。

受験勉強になると、どうして繰り返し歌って憶えようとはしないのでしょうか。

さて皆さん、もうお分かりですね。

そう、を動かすための4つの身体のキーで最も重要なキーは・・・。

[3] 口

・・・なのです❢

これは、人間の本能であるため、最も自然にが動きます。

まさに人間だけに備わった、「話す」という機能をフル活用するべきなのです。

[4] 手 も、もちろんを動かすための重要なキーでありますが・・・。

[4] 手 が、[3] 口 に及ばないのは、そのスピードであります。

人間がを動かし、理解と記憶を定着させるためには、能動的であると同時に繰り返しが絶対に必要になります。

限られた時間で何度も繰り返すためには・・・・そうです、1回あたりの時間が短い方が良いのです。

(あなたの周りで、話すより速く書ける人って、いらっしゃいますか?)

まとめ

以上、声を出して何度も繰り返すことが重要だ、というお話でした。

これは英語だけに、あてはまることではありません。

むしろ、数学や理科の方が、その効果が高いことが立証されています。

科学的な裏付けのある、非常に合理的な方法でございます。

是非とも、御参考になさって下さいませ。

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です