最強の英語長文読解参考書とそのコツ「英語長文読解教室」伊藤和夫

現代はグローバルな時代です。
従って「英語」が非常に重要視されています。

大学受験では、昔から英語が重視されてきました。
その傾向は今も変わりません。
よって、数多くの素晴らしい参考書が世に出ています。

その中でオススメの参考書を、御紹介いたします。

英語が出来なければ大学を諦めろ

この格言(?)は、私が高校生の頃に学校で聞きました。
やはり昔も今も英語が極めて重要なのです。
そのことは絶対に、間違いではないのです。

グローバルな英語とは?

現在、非常に多くの英会話学校があります。
しかし真の意味での「グローバルな英語」とは英会話ではありません。

英会話が出来る=観光旅行が楽しい

この程度でしかないように思われます。

国際化=英語で仕事が出来る

これが正しいと思います。

かつて私は、外資系コンサルタントとして働いていました
(詳しくは「憧れの「経営コンサルタント」がスタートいたしました」を参照)
その際、痛感したことがあります。
それは・・・
英語長文読解を正確に行わないと、仕事に支障が出る。
ということです。

つまり、一つひとつの英文を正確に読み解く、すなわち精読こそが国際的な英語力だ、ということに気づきました。
従って大学受験に必要な、丁寧に読み解く英語力こそが、重要になってくるのです。

伊藤和夫 著「英語長文読解教室」

そこでおすすめの参考書が、これなのです。

この本の一番の長所はその解説の事細かさです。
難易度が高い文章が多いので、初めて読んだ時はほとんど理解できないかもしれません。
それでも解説を読み、まじめに勉強すれば、きちんと理解できるよう書かれています。

例えば、等位接続詞のクセのある使い方ゆえに「どことつながっているか分かりづらい」という文章があっても、その構造を見極めるコツが身につくのです。

大学受験用長文読解の参考書はTOEICやTOEFLではあまり役に立たないと思われがちです。
しかしこの本は非常に多くの例とそれぞれの解説が掲載されています。
ですからTOEICやTOEFLにも充分に役立ちます。

「クジラ構文」のような、いかにも受験英語然とした文に、意識を割く必要はないのです。
分かりづらい等位接続詞や、修飾関係が分かりづらい関係代名詞などに心を砕くべきです。
このような考え方は、どんな場面でも必ず必要となるのです。

 

鍛錬場が徹底的にサポートします

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。
 
まずは無料体験授業から、始めてみましょう?
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です