センター試験英語の文法で満点を。正確な読み方でそれを実現しよう。

 

 

===============
    
LINEでの交流をいたしましょう~♫
名前は・・・「N」です。

LINEで友達申請して下さった方全員に
3,000人が100%成績を伸ばした
※ 教科別勉強法 ※
を、希望に応じてお伝えします❢❢

 

他にも・・・
「受験勉強に関すること」
「定期テスト攻略法」
「ヤル気を出す方法」
・・・etc、何でも御相談OKです。

お友達申請はこちらから❢

https://line.me/ti/p/CxI0cySZoF

==============

※ 鍛錬問題解説 ※

英語問題を考える際に気をつけること・・・。
それはとにかく「正確に読む」ということです。
「正確に読む=文法的に読む」です。

今回は、文法的に読むとはどういうことなのか。
その点を中心に語ります。

きちんと構造をつかむこと

ますは簡単な問題で、文法問題への取り組み方を説明いたします。

例題

以下の空欄に入る適切なものを選択肢から選び、かつ和訳せよ。

A cat jumped onto the chair and [    ] motionless.
① lie
② laid
③ lay
④ lain

多くの人は次のように考えます。

~~~~~
ネコが椅子の上に飛び乗って・・・
それから動かないで?
横になる??
う~~ん、②か③だと思うんだけど・・・。
~~~~~

これは最悪の考え方です。
なぜなら「英文の意味」で解こうとしているからです。

でも私がそのように言うと・・・。
意外に思われる方が多いようです。

え?英語って意味で考えるんじゃないの?

これこそまさに落とし穴。
大きな罠(ワナ)なのです。

出題者は、多くの受験生が「意味」ばかり考えていることを見抜いています。
だからこそ「意味」で考えると間違える出題をするのです。

ここで必要となる文法知識は・・・。
● and の把捉法
● 名詞-less が形容詞
● 形容詞の2つの働き
● 第2文型動詞の知識
● 第2文型動詞としての lie
とりあえずは、以上です。

and の把捉法

and って非常に基本的な単語です。
中1で出てきますからねぇ。
でもこの and 、非常に重要なんですよね。

つまり・・・
and は同資格のものを結びつける
ということを強く意識しなきゃです。
そのためには
and の直後を確認する
ということが大事なんです。

今回の場合・・・
●and の直後が空欄
●選択肢が全部動詞
だから、
●動詞と動詞を結びつける
ということが分かります。

よって、次にand の前を見ると
●jumped という動詞の過去形
があります。

だから、
●動詞の過去形+動詞の過去形
となることが分かります。

そこで選択肢を吟味してみましょう。
① 原形or現在形
過去形or過去分詞形
③ 原形or過去形
④ 過去分詞形

これによって、①と④はアウト
と、わかるのです。

 

名詞-less が形容詞

次に空欄の後ろを確認します。
これは文型を見抜くためです。

英文を正確に読むことは
① 文型
② 修飾関係
この2点を正確に把握することなのです。

そのためには、
動詞の後ろを確認すること
が、まず第一なのです。

今回の場合・・・
●空欄=動詞の後ろがmotionless
●motionという名詞にlessがついている
●名詞-less は、形容詞
●だからmotionlessは形容詞
もちろん、最初から
●motionlessは形容詞
と分かっていれば、それに越したことはありません。

形容詞の2つの働き

形容詞には2つの働きがあります。
●後ろ(稀に前)の名詞にくっついて、その名詞を修飾する
名詞とくっつかずに補語になる

今回の場合・・・
●motinless の後ろは何もない
●motinless の前は動詞
だから、
名詞とくっつかずに補語になる
のパターンです。
従ってこの英文の後半は第2文型だとわかりました。

第2文型動詞の知識

大学入試においては
●第2文型自動詞 約15語
●第4文型他動詞 約20語
●第5文型他動詞 約15語
合計 約50語 を記憶しておくべきなのです。

今回の場合第2文型だと分かりました。
従って、自動詞と確定します。

lie 自動詞
lay 他動詞

ですので lie が正しい。

さらに
lie – lay – lain
lay – laid – laid
ですので、
自動詞の過去形
である③が正解
と分かります。

「意味」は一番最後

さて、どうですか?
あることに気づきましたか?

そうです、実はここまで
英語の意味を全く考えていない
のです。

英文法選択問題を解くだけなら
ほとんど意味は必要ない
むしろ意味を考えるのは邪魔
となるのです。

考えねばならないのは
品詞と文型
なのです。

これだけで、ほとんど解けてしまうのです。
今回もまさにそうでしたね。

文法選択問題で意味が必要になるもの・・・
それは難問なのです。

さて、今回は和訳も求められています。
いよいよ最終段階である意味にいきましょう。

第2文型動詞としての lie

先程、次のように書きましたね。
===========
大学入試においては
●第2文型自動詞 約15語
●第4文型他動詞 約20語
●第5文型他動詞 約15語
合計 約50語 を記憶しておくべきなのです。
===========
たとえば、get という動詞。
第1文型から第5文型まで使えます。
そして、それぞれで意味が異なります。

第1文型
・get up 起きる
・get to ~ ~に到着する
・他

第2文型 ~になる
・It got dark. 暗くなった。

第3文型 手に入れる
・I got a bag. 鞄を入手した。

第4文型 ~に~を与える
・You got me a bag. 君は僕に鞄を与えた。

第3文型 ~を~にさせる
・The book got me blue. その本は僕を鬱にさせた。

つまり動詞は文型によって異なる意味を持つのです。

lie もそうなのです。
第1文型と第2文型で使われますが、
それぞれ意味が異なります。

第1文型 主語が横になる
・I lay there. 私はそこで寝た。

第2文型 主語が~のままだ
・She lay silent. 彼女は黙ったままだ。

気をつけて頂きたいのは
・彼女は黙って寝た。
と訳してしまいがちな点です。
そうすると間違いになるのです。

以上より今回の場合、
1匹の猫がその椅子の上に飛び乗って、動かないままでいた。
だ正しい訳になります。

 

とにかく文法第一で

いかがでしたか?

英文を何となく直感で読む人がいます。
それで本当に読めてしまう人もいます。
しかし出題者はまさにそこを突きます。
文法的に読むことこそ、重要なのです。

直接鍛錬指導にて丁寧に指導❢

鍛錬場では動画添削個人指導にて、丁寧に指導します。
どうぞご遠慮無く、まずはアクセス❢❢

 

 

===============
    
LINEでの交流をいたしましょう~♫
名前は・・・「N」です。

LINEで友達申請して下さった方全員に
3,000人が100%成績を伸ばした
※ 教科別勉強法 ※
を、希望に応じてお伝えします❢❢

 

他にも・・・
「受験勉強に関すること」
「定期テスト攻略法」
「ヤル気を出す方法」
・・・etc、何でも御相談OKです。

お友達申請はこちらから❢

https://line.me/ti/p/CxI0cySZoF

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です