センター試験の社会科選択は学校での文理選択と非常に関係がある(2)

社会科

社会科

で、これは国公立の文系で、東大京大を選ぶ場合ですね。

で、私立文系だとどうなるのかという話です。私立の文系だと、通常社会は一科目でいいんですけれども、学校が2つ選べということは、1科目は受験科目として、もう一科目はまあ単位をとるためにとれよと、そういうことになりますよね。それでもやはり日本史世界史か、世界史地理なんですけれども、私立文系の場合は、まあ社会科はですね、地理が大好きだ!という場合を除いて、日本史か世界史がいいんじゃないか、ということになります。なぜならば、地理がですね、受験教科になるということは、私立文系ではあまりない。まああrんですけど、その、経済学部系、商学部系、じゃないと、地理で受験することができない、という学部が多いんですよね。私立文系の場合。だいたい日本史か世界史なんですよ。ですから、日本史もしくは世界史、であれば日本史世界史両方とっていて、そしてまあ受験教科として、どちらかを選択するというのが通常のパターンだという風に考えるのがいいんじゃないですかね。

まあ、最終的には自分の趣味とか、好みとか、そういうのに合わせるのが基本なんですけれども、とはいうもののですね、やはり鉄板の考え方、基本の考え方というものがありますので、だから、まあ地歴の3科目から選ぶのであれば、日本史世界史、世界史地理から選ぶのが基本であって、日本史地理は普通は選ばないと。まあ、そうですね。私立文系で、日本史が超得意で、世界史と地理どっちでもいいや!というならば、世界史でもいいと思いますよ。地理の方が楽だと思ってる方が多いようですが、それはないです。世界史も地理も、まあ似たようなものですよ。学校で単位をとるための勉強をするのであれば、似たようなもんですね。って考えれば、日本史世界史がいいんじゃないかと、思います。国公立の文系で、考える時は、世界史地理でもいいです。という風に、考えてみましょう。はい、以上でございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です