「まずい給食」を食べるとまずい❢そのたったひとつの理由とは?

「まずい給食」は、単に「不味い」だけではなかった?!

神奈川県大磯町が業者に委託している町立中学校2校の学校給食・・・まずいらしい。。。。

なにしろ、完食する者がほとんどおらず、毎回何人も残しちゃう。

でも、実は、単に不味いだけじゃなかったんだよね。

虫?ビニール片?

ちょっと以下にニュースを引用してみるよ。

神奈川県大磯町が業者に委託している町立中学校2校の学校給食で、昨年1月以降、虫や髪の毛、ビニール片などの異物が計約100回見つかっていたことが町の調査でわかった。

給食を巡っては、以前から「味や見た目が悪い」などの声が相次ぎ、多い時で半分以上が食べ残される異常事態が続いていた。町は異物混入も食べ残しの一因とみて、業者から事情を聞くなどして、対応を検討している。

町の内部資料などによると、給食は東京都内の給食業者が同県内の工場で作って配送している。異物は町が給食制度を導入した昨年1月から今年7月にかけて、町立の国府中、大磯中の2校で出された弁当型の給食から見つかった。

食材発注と献立作りは、町職員の栄養士が担当。町は年間約3,300万円で業者に製造を委託しているが、塩分を控えた献立で工場から配送される給食は、当初から「味が薄い」「おかずが冷たい」という指摘があった。

読売新聞 2017年9月16日(土) 6:20配信

単に「美味しくない」という意味の「不味い」じゃないよ、これ。

異物混入なんて、絶対にあっちゃいけないよね。

たとえ健康に大きな被害が出ない(?)としても・・・。

それはもうまずい以前の問題だよね。

業者に問題ありそうだけど。

業者に事情を聞くなど対応を検討・・・・とか生ぬるいことを言っている。

・・・間にその業者は対策しちゃっているでしょ~、って感じです。

」が与える影響

「給食を残すって・・・どんだけ贅沢なんだよ?」

なぁ~んて、最初はそう思っていたんだけどね。

どうやら話が違ってそうだね。

子どもが食事をするときは、大人を全面的に信頼している。

まぁ、こんなの当たり前なんだけど。

その信頼を根底から覆すことは・・・・

精神的に相当に大きなダメージを与えちゃうんだよね。

食育」の重要性 ~ 「凶悪犯罪」との関連性

「給食で死ぬ」っていう本があります。

他にも「変な給食」「奇跡の食育」という本もあります。

実際、「食育」で検索すると、色んな本がヒットします。

最近、少年犯罪が凶悪化してきたと言われています。

凶悪な犯罪を犯した少年の99%以上は、まともな食生活ではないそうです。

ま、それは容易に想像がつきますよね。

要するに人間の身体を形成する食べ物に関して、もっともっと真剣に考えるべきだ、と私は言いたいのです。

食は生命なのですから。

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です