ライバルに圧倒的な差をつけて難関大学に合格する、時間意識勉強法

時間を意識するだけで、圧倒的な差をつけられます❢

受験生の皆さんは、毎日ただ単に勉強していませんか?

次の「時間の意識」をすることで、圧倒的な差をつけることができます。

早速、すぐにやってみましょう。

時間の意識

時間を測って勉強していますか?

人生とは時間との闘いです。

人はいずれ、死ぬのです。

その「Xデー」までを、いかに充実させて過ごすことが出来るか。。。。

これが非常に重要なテーマになるのです。

受験生にとっての「Xデー」とは?

それは「入試本番」でしょう。

「その日」は、確実にやってきます。

それまでの日々を、しっかり積み上げることが重要です。

毎日の学習時間を「記録」する

勉強は量ではなくて質だ、という意見があります。

もちろん私も異論はありません。

そのとおりだと思っています。

ただ、「質」を意識すれば「量」は少なくても良い、とは思いません。

しっかりと「量」を積みましょうね。

もう1つの時間意識

さて、皆さんは問題集を解くときに「制限時間」を意識していますか?

制限時間のない入試はありません。

絶対に普段から制限時間を意識すべきです。

しかし、ただ単に制限時間を意識するだけでダメなのです。

効果抜群の将棋対局時間管理法

プロの将棋の対局は、以下のようです。

  1. 一人ずつ持ち時間が決まっている(4~5時間/タイトルによって異なる)
  2. 持ち時間を使い切った場合、その後は1分以内に指さねばならない。

〈実は「1分未満は切り捨て」という特殊な考え方で成り立っているそうです〉

 

受験勉強も、同じようにしましょう♫

つまり、次のようにするのです。

  1. 必ず勉強には制限時間を設ける。
  2. 制限時間をオーバーしたときは5~10分ずつ追加する。

これを「Wスタンダード」と言います。

たとえば、数学の答案を作成する際は、以下のように取り組むのです。

  1. この問題の制限時間は15分とする。
  2. 15分経って出来なかったとき、5分延長。
  3. それでも出来ないときは、さらに5分延長。

このように、自分が納得できるまで延長しつつ、答案を作成するのです。

是非、やってみましょう。

 

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です