地球最大最恐の環境汚染は世界でタブー視されている核汚染である

夏は復習のとき

夏は勝負のとき、と言われますが、夏は復習のときです。

決して無理をせず、しっかり復習を進めるようにしましょう。

そういう意味では「夏期講習」は、たくさん入れすぎないことが重要です。

日々の積み重ねがじわじわ効くのです。がんばりましょうね。

毎日新聞 2017年6月6日(火)  21時13分 配信

以下のニュースを読み、190字以上200字以内で問題点を指摘し、解決策を述べよ。

日本原子力研究開発機構は2017年6月6日、茨城県大洗町の大洗研究開発センター燃料研究棟で、核燃料の点検をしていた職員ら男性5人が被曝したと発表した。このうち3人は内部被曝した可能性が高く、原因などを調べている。外部への放射性物質の漏えいはないという。
原子力機構によると、2017年6月6日午前11時15分ごろ、燃料研究棟内の分析室で定期点検中、ウランとプルトニウムの酸化物数グラムが入ったビニール袋が破裂。5人が手足などに被曝し、うち3人は鼻の中に約2~24ベクレルの放射性物質の付着が確認された。
5人は防護服を着て、半面マスクを付けていた。原子力機構によると、5人の被曝の程度は軽く、健康に影響があるレベルではないとしている。ビニール袋が破裂した原因は分かっていない。
燃料研究棟は管理区域内にあり、高速炉用の新型燃料の研究開発をする施設。ウランやプルトニウムなどの放射性物質を保管している。同機構は既に廃止する方針を決めている。大洗研究開発センターには、原子力機構が再稼働を目指している高速実験炉「常陽」などがある。

 

回答の御紹介

[1] Rさん (198字)

ビニール袋が破裂した理由がわからないことが問題だ。燃料研究棟は管理区域内にあることからも緊急事態が生じた場合、人体や環境への危険性が高いことがわかる。つまり緊急事態への対策は数多く準備されているはずだ。しかし破裂の原因不明は準備不足に過ぎず、あってはいけないことだ。このようなことが起きるのであれば科学的な発展は穏やかになるとはいえ、人体などへの影響が出る可能性のある原子力の開発をやめるべきだ。

講評

  • 今回の事案だけに絞った答案になっていて、好ましくありません。もっと視野を拡げて、「日本の核開発そのものに対する疑念」を示すべきでしょう。
  • そのうえでの解決策が「あってはならず」「やめるべきだ」では、説得力がありません。もっとオープンな報道となるよう、メディアの姿勢のあり方を変革する等が望まれます。

◎ 評価は40%です。

 

[2] Sさん (250字)

この問題において、私たちが一番問題とするべきは防護服やマスクをしていた職員でさえ被爆してしまうような原子力発電の危険がこうして議論されている中、再稼働すべきかどうかである。私たち日本人は東北大震災の原発事故を機に、原子力発電の仕組みや長所・短所を知った。それに対して、原子力発電の発電能力の良さというのは大きな長所である。人間が自然を操る事は出来ないと言われているが、それでも、もうすぐ無くなる化石燃料に出来るだけ頼らず生きるために、危険を経験に変え、原子力発電と共に生きていく人類の道を歩むべきだ。

講評

  • 字数オーバーのルール違反です。
  • 第一文および第三文は、日本語としておかしいです。
  • 大学受験小論文の視点は「日本の国益」です。「人類の道を歩むべきだ」は大袈裟すぎて、逆に的外れになります。

◎ 評価は0%です。(字数オーバーのため)

 

[3] かおちん さん (199字)

問題点は、原子力を直接扱う場に生身の人間を配置していることだと私は考える。また、危険な場所で人に作業させるのは、企業の原子力に対する配慮の欠如やロボットなどに置き換える費用の削減などが原因だ。したがって、これらの解決策として、国が企業に原子力に関する作業を生身の人間にさせないように義務付け、それを促すためにそれらの企業に補助金を出すべきだ。そうすれば、今回のように人が被爆するリスクは減るだろう。

講評

  • 「~と私は考える」は不要です。
  • 安全性を考えてロボットを配置する、という考えは非常に好ましいですね。ただ「原子力に関する作業」に限定するのではなく、「危険な仕事」全般に対する措置として考えられると、もっと良かったでしょう。それでも産業ロボットの開発は、高く評価できます。

◎ 評価は80%です。

 

[4] ゴリス さん (197字)

こういう事故が起こるとすぐに「原発反対」運動が盛り上がり、思慮のかけた人たちが流されてしまうことが問題である。今の日本の現状からすると、原子力発電の廃止は非現実的である。原子力の恩恵を受けている企業や地域は確実にある。この前の佐賀県の玄海原発の再可働が良い例だ。日本ではまだ自然エネルギーを元にした供給が整っていないし、天然ガスに頼みすぎるのもリスクがある。原子力=悪の認識を改めるべきである。

講評

  • 第一文の「~思慮のかけた人たちが流されてしまう」の意味が、よく分かりません。要するに多くの人々が煽られてしまう、ということでしょうか?
  • 第二文の「~からすると、」および第三文の「この前の」という表現は稚拙です。各々「~では、」「先日の」とすべきです。
  • 「原子力=悪の認識を改める」ためにはどうすべきでしょうか?このHowの部分が「解決策」でしょう?惜しいですね。
  • まず第一に報道姿勢を改める動きを作ること、そのためにはWebサイト等を用いて啓蒙活動を展開すること等が考えられます。

◎ 評価は70%です。

 

最大の地球環境汚染は《 核 》

2016年の夏、「シン・ゴジラ」が公開されました(以下、ネタバレ)。

昭和30年代の初代ゴジラは、水爆実験によって突然変異を起こし、生まれました。

今回の「シン・ゴジラ」も海中の核廃棄物を食した生き物が突然変異を起こして、生まれました。

このような形で私たち日本人は、娯楽を通して「核」の恐ろしさを訴えていますが、あまり大きな問題として語られることがありません。

今回の原子力施設事故の関連ニュースも、続報がほとんどありません。

日本において核の話題はタブー視されているのでしょうか。

不思議を通り越して、不気味ですらあります。

地球最大の環境問題は、間違いなく核です。

  • 人類は核実験を、これまでに2,053回行ってきました。
  • また世界中に原発があり、事故も起こし、また使用済み核燃料は莫大です。

世界がいかに核で汚染されているか、お分かりでしょう。

日本の報道姿勢は180カ国中72位❢

【報道の自由度ランキング】というものがございます。

これによると、日本は180カ国中72位なのです。

国際的視点に立った場合、日本の報道はそのようにしか見られていないのです。

これで私達国民は正しい情報を入手できるのでしょうか?

正しい情報を入手するためには?!

いわゆる「メディア・リテラシー」を各自が身につけることだと思います。

そのためには日本だけでなく諸外国の報道サイト、検索サイトにアクセスをして、同じニュースを比較検討する姿勢が必要です。Yahoo❢ がお手軽です。

その他にも、CNNABCといった、米国の報道サイトは読みやすいですよ。

皆様も、是非、サイトを見比べてみましょう。

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です