大学附属校生が小論文を受講して東京大と慶應大に合格したことがあります

私の大学受験小論文に対する指導法

私の大学受験小論文に対する指導法は、非常に合理的であると自負しています。

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)で直接指導を受けている受講生は実力をぐんぐん伸ばしています。

毎年の合格率は90%を超えておりますし、2016年度の慶應義塾大学合格率は100%でした。

このような効果が出る理由は、上記のような「合理的指導法」に則っているからです

合理的指導法とは、結果が早く出る、ということを意味します。

スピードを身につけるには?

たとえば、「どうしたら制限時間内に書き上げるだけのスピードを身につけられますか?」という質問に対して、明確に回答できる小論文指導者は、日本に何人いるでしょうか?

多くの小論文指導者は、次のように回答するでしょう。

「何度も書く、という練習あるのみ」

「多くの答案を書いて、慣れることが大事」

「知識が足りないから時間が足りなくなる。本をたくさん読め」

・・・等々です。

しかし「3ヶ月で制限時間内に書き上げるだけのスピードを身につける方法を教えて下さい」という質問には、ほとんどの小論文指導者は回答できないでしょう。

しかしながら、私は回答出来るのです。

私の合理的指導法の場合、「3ヶ月で制限時間内に書き上げるだけのスピードを身につける」ことが可能になるのです。

内容が良ければそれで良いのか?

さて、私は以下のようなことを小論文受講生に申し上げています。

◎ 200字以内という設定の場合は190字以上200字以内で書くことが最低条件。

◎ 1つの文は、3行以内にせよ。4行以上の文を書いてはいけない。

◎ 文と文の間には、必ずすべてに「つなぎことば(接続詞)」を入れよ。

 

他にもいろいろありますが・・・。
まぁ、上記のようなことを申し上げると、必ず反論されます。

◎ なぜですか?そんな外観よりも、大切なのは内容でしょう❢

このようにおっしゃられるのです。
しかし受験生としては、実はその考え方は、大変な勘違いなのです。

目的は「素晴らしい論文」ではない❢

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)で学ぶ理由は何でしょうか?

当然、第一志望の難関大学に合格すること ですよね?

そのために書かねばならない小論文は「内容が素晴らしいもの」ではありません。

あくまでも大学受験小論文として「合格できる答案」を書かねばならないのです。

そのためには、まずは外観を整えねばならないのです。

就職活動をする際も、面接にはまずスーツが常識でしょう?

上記のような「決まりごと」を守らないで自由に論文を書いたらどうなると思いますか?

ちょうど就職活動の際に、Tシャツとジーパン、ピアス姿の緑髪で面接に行くようなものです。

門前払いになってしまうと、思いませんか?

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です