数学新課程「データ分析」は一橋でも2次試験に出題されています。

センター試験必須大問で「データ分析」が出題されました

 

2015年のセンター試験数学1Aの出題を見たとき、大方の予想を裏切って、見事に「データ分析」が出題されました。
それも枝問や選択問題ではなく必須大問で出題されたのです。

正直申し上げて、これには驚きました。
まさかそのような形で出題されるとは思いもよらなかったものですから、本当にびっくりです。

私達以上に受験生は驚いたことでしょう。
なにしろ高等学校や予備校では「データの分析は出ない」と言われ続けていたわけですからね。

一橋大学の2次試験でも出題された❢

センター試験だけではありません。

社会科学系大学の最高峰である一橋大学の2次試験でも出題されています。それも2年連続で。
(ただこちらは選択問題となっております)

データの分析は「やれば出来る」分野である

データの分析は高校数学の中で最も簡単な分野の1つであります。
理解だけならばほぼ中学生でも可能な概念ばかりで、また学習内容も少ないのです。
最低限の用語の定義や意味を押さえておけば、後はそれに基づいて表を作成したり単純な四則計算を行ったり表から必要な情報を読み取るだけなのです。
強いて問題点を挙げるとすれば「計算量が多くなりがちだ」という点でしょう。
従って、短時間で正確に計算できる能力が必要となってきます。

一通りの内容が学習できるように「定期試験」「センター試験レベルの要点」を簡潔に示したサイトがありますので、検索してみてください。
そういったサイトで学習しても良いでしょう。
能力が高い高校生・受験生であるならば、1時間もあれば学習を完了できると思われます。

さて、一通りの内容を学習した後は実戦的な問題演習を積んで頂ければ良いかと思われます。
実は、この分野は実戦的な演習問題が少ないのが難点であります。
必須となったのは新課程からですので、センター試験で出題され出したのは2015年からなのです。
2次試験での出題は一橋大学以外ではほとんどありません。
さらに、まともに演習問題を取り上げている問題集もほとんどないのが現状です。

とりあえずセンター対策としては、わずかに範囲が異なるのですが、2006~2014年センター試験数学2Bの『統計とコンピュータ』分野の問題を解くことが有効であろうと思われます。

学びエイド数理哲人先生または香川亮先生がオススメ❢

統計の勉強って、すごくやりづらいと思うのです。
実際、問題集でもなかなか扱わないですからね。

そんな中、皆さんにとって非常に有益な情報があります❢

それは学びエイドです。

 

1日3コマまでは、なんと無料で受講出来るのです。
しかも出講している先生方は鉄人と呼ばれる全国一流予備校講師ばかりなのです。

今回の統計分野は、以下の2人の先生の授業が、超~オススメです。

どちらも素晴らしいのです❢
是非ともやってみて下さいね~。

鍛錬場が徹底的にサポートします!

難関大 動画添削ネット指導塾 鍛錬場(たんれんば)の指導は、細かなところに手が届く、具体的でわかりやすい指導、と言えます。

まずは無料体験授業から、始めてみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です